求人と企画営業とプログラマについて

企画営業の仕事に就職したい、求人が欲しい、このように思っている方はとても多いです。

企画営業の求人の場合、まずその会社に入社することが前提となっている会社が多いです。

なぜか?というと、新人の方にいきなり企画営業の仕事をさせても、まだ会社のことをよく分かっていない状況であるため、まずはその会社の求人を見つけ、その会社に合格することが必要となります。

数年、その会社で働き、難関な論文試験、そして周りからの評価、上司からの評価、お客様からの評価、営業成績の評価、事務手続きの評価、これらが完璧であり、論文試験を突破出来た人だけが、企画営業の部署にまわしてもらうことが出来るものです。

会社によっては、企画営業の部署は、エリートコースとされており、場合によっては同期や先輩よりも先に出世してしまうため、かなりの妬みの対象になってしまうケースもあります。

また、悪質な場合だと、わざと合格を取り消しにさせ自分が低く見られないように、または見下していた相手に先をこされたために、合格を取り消すように、泣き落としの作戦に出る同期もいます。

それほど、多くの人が憧れている部署が、企画営業の部署であり、会社によってはエリートコースへの道となっています。

プログラマの求人については、ハローワークなどに掲載があり、まだ年齢が若い人であれば、プログラマの経験などが全くなく、プログラマの系列の大学などに行ったことがなくても、例えば文系の学部から、プログラマの就職に入ることが出来るケースもあります。

これは、若い人の場合、覚えが早い、ということと、根気が必要な仕事であるため、適正、向き、不向きがあるため、経験がない人にも、就職先がある場合があるということです。